Je Ne Sais Quoi

KinKiとWESTとジュニアと色々

【8月】HiHi単独、キンプリ、銀魂2、メタルマクベス、サマパラトラジャ、東京B少年単独、ナイツ・テイル、宇宙を駆けるよだか、溺れるナイフ

8月振り返り!全てネタバレ満載です!

 f:id:lyrina:20180911141223j:plain

 

8/1~ 宇宙を駆けるよだか

重岡大毅神山智洋W主演のNetflixオリジナルドラマ!
原作は1巻だけ無料だったのでネットで読んで、基本的な設定だけ頭に入れて見たのですが完全に翻弄されました。え、そういうことだったの!?と。私は神山担なのでシロちゃんメインで見てしまうのですが、あのドライで超冷酷なシロちゃんが性癖どストライクすぎたのであれが本心ではなくてトリックだったとバラされた時は正直ショックだった…笑 まあそうでないと、火賀があそこまで性格悪い人と友達になるわけ無いですもんね。とはいえ火賀に嫉妬してしまうという部分も100%嘘ではないのでは?と思う。いずれにせよ、嫉妬に狂った完全悪役の神山くんはオセローで堪能できた!

愛されるべきは、外見か中身かーーというキャッチコピーは刺さりすぎてしんどかったし、ストーリーに対して思うことがなかったわけではないけど、都合よく描きすぎていないところが良かったです。これ、多くの女子は海根さん視点で見るんじゃないかな?どうなんだろ。外見か中身かって言うけど、二律背反じゃなくてこの2つは関連してるんだよね。外見が恵まれていたら周りからも愛されて育ち、真っ直ぐな中身になる。反対に外見に恵まれなかったら誰からも愛されず、捻くれた中身となってしまう。(主題歌アカツキの歌詞は確かに物語にそってたけど、この視点が完全に抜け落ちてて、そんな単純な問題じゃないんだよ〜と思ってた)
この物語の主題を「嫉妬」の一言で片付けてしまうのは簡単だけど、そこには「人から受け入れられたい」という気持ちが一番にあるだろうし、無条件で自分を受け入れてくれるはずの「家庭」でそれを感じられなかったのが諸悪の根源であるように感じた。だから然子のお母さんとのシーンが一番見ていて辛かったし、まあお母さんにも彼女自身の事情があった、というのは物語後半で描かれている。その分最終話はグッときた…!

これを見てみんなが重岡の演技を絶賛する理由がすごくよくわかったので、せっかくネトフリ再加入したし溺れるナイフも見ました。

 

8/3 溺れるナイフ

私は「金髪」というものにすごく神秘を抱いているのかもしれない。WESTival神ちゃん、サマステ涼くん、サマパラ如恵留など。この世のものではないような神々しさがある気がする。加えて、キリッとした切れ長の目も神秘性を増す。とにかく菅田将暉演じる航ちゃんが美の権化。翻って小松菜奈演じる夏芽は黒髪ストレート前髪ぱっつんで、こちらも切れ長の目と相まってアンニュイな美少女に仕上がっている。ほとんどこの二人の美貌を堪能するだけのPVなんだけど、ストーリーや演出はいかにも女性作家が書いて女性監督が撮ったものだなーと感じる。

この数週間後に銀魂2で菅田将暉の新八を見て、黒髪マッシュ+丸メガネの姿にあのときの航ちゃんはいずこ…?と脳が混乱した。
そしてナイツ・テイルに引き続き、萌音ちゃんがかわいい!!

 

8/6 SUMMER STATION HiHi Jets公演 EX THEATER

全体的な感想はHiHi侍公演と同じなのですが

lyrina.hatenadiary.jp

この日はかなり前の方に入れてよく見えたのと、やはり単独ということでめちゃくちゃ楽しかったです!!しかもトラジャから閑也、七五三掛、如恵留が見学にて来てMCでも紹介されて、さらにMCで前日に公開されたYouTubeの話題からKinKiの話も出て私得でした!!
猪狩「これ以上話すとやばいよ、KinKiさん、KinKi姉さんに怒られちゃうよ!!」
優斗「お前、姉さんとか言うなよ!失礼だろ!!」
橋本「じゃあ、お姉ちゃん♡」
という件がもうやばかった…笑(言葉はニュアンスだし、話してる人も違ったかもしれない)
KinKiファンははしみず大きくなったな〜くらいしか思ってないだろうから大丈夫だよ笑

それ以外にもいきなりステージ上で腕立てしだしたり、優斗に先行かせない件では好きなジブリの台詞について話してたり、優斗が作間にセクハラされた話から結婚するなら誰がいいかという話で井上・作間カップルができたり、とにかく話題が途切れず笑いっぱなしのMCで楽しかったです。

パフォーマンスではやっぱりYes!が良かったです!!そもそも少クラでYes!を見て橋本涼やべぇと注目しはじめたミーハーヲタクなので、生で見られてよかった!!

 

8/11 King & Prince First Concert 横浜アリーナ

この公演もスタンド(横アリでいうとこのアリーナ)5列目で目の前の外周に色んなJrがわらわら来るし、B少年が見学に来ていてシンデレラガールを一緒に歌うという私得回でした!サマステで何度かやったシンデレラガール岸くん振付バージョンを、岸くんのレクチャー付きでキンプリとB少年と一緒にやるという面白い展開。

これまで少クラで見るだけだったJr.時代の曲を聞けて、一緒に振りができて、楽しかったです。でも思いの外エモは少なめでカラッとしてて、何よりあまりの新曲の多さにびっくりしました...!全然知らない曲ばかり!全部いい曲だけど!!

全体的には平野紫耀のオーラが凄かった印象が残った、あとアンコでは真上から岸くんが登場してびっくりした!

 

8/17 銀魂

私は銀魂の漫画もアニメも全く知らなくて、ただ前作は楽しめたし堂本剛が出てるので観に行ったのですが、なんだかよくわからなかった…という感想でした。前作のほうがよっぽど分かりやすくて面白かった!と思ったけどツイッターを見るとどうやらそういう感想は少数派だったようで、皆絶賛していてびっくりしました笑 原作を知ってたらそれぞれの人物の背景とかわかってもっと楽しめたのかな?

剛のシーンは少ないと前から聞いていたので、ああ確かに少ないなと思ったんですけど、それにしても前回剛の脚が注目されたからと言ってあの画角はどうなの!?!?狙いすぎてて…いや確かに美しいけど…

一つひとつのギャグも前回より難度が増してるというか、元ネタが少しマニアックになっていていくつかわからないところがあった。あと理髪店の将軍のシーンが私は完全に受け付けなかったんだけど、みんな結構笑ってた…?

ストーリーも私の理解力がないせいなんでしょうけど、伊東鴨太郎、土方十四郎沖田総悟らへんがどの人に対してどういう感情を抱いていて結局誰が味方なの!?敵なの!?となんかよくわからなくなった。河上万斉とか高杉晋助の思惑も絡んでくるし。

そういえば半券を見つけて思ったのですが、間違って英語字幕で見てしまったのでそちらが気になって映画に集中できなかったのかもしれない!?色んなギャグがどう英語になるか見てしまう...笑

と色々書きましたが、美男美女のオンパレードでとにかく目の保養でした笑 岡田将生の女装は綺麗すぎたし柳楽優弥の顔は大好きだし窪田正孝も最高だった…三浦春馬GACKTにしか見えなかった。

もし第3弾があるならまた観に行くと思います笑

 

8/18 メタルマクベスdisc1 IHIステージアラウンド東京

IHIステージアラウンド東京、客席回転ステージ初体験!!一言でいうと、USJのアトラクション!!客席が回転して場面転換するだけでなく、巨大なスクリーンがたくさん活用されてることにも驚きました。この作品が時間や空間を行ったり来たりするお話なので、USJスパイダーマンとかハリーポッターみたいな感じで、スクリーンの映像で自分も空を飛んで移動してる感覚になる。さらに左右のスクリーンに歌詞や説明など補足的な情報が出たり、舞台上に別の小型スクリーンが出てきたり。照明もすごく凝ってるし生バンドの音はものすごい迫力だし、色んな仕掛けにとにかく圧倒されました。全席13500円は高いな〜と思ったけど全然安い!!しかも上演時間が(休憩含め)4時間もあったので、通常の1.5~2倍ということを考えるとむしろ破格の値段!!

ストーリーもシェイクスピアマクベスを元にしてはいるけど銀魂みたいなギャグ満載で楽しくて、時空が行ったり来たりするの分かりにくいかなー登場人物多くてついていけるかなーといった不安も杞憂でした。出演者や劇団のファンでなくてもぜひとも一度は見てほしい作品!!

キャストは全員圧巻だったんですけど、特に松下優也が超イケメンで歌上手くて華があって最高でした〜!!この役を次は原くんがやるのか〜と思うと、どんな感じになるのか予想つかない…(基本どの役も大声張りっぱなしで長時間だし1日2公演の日もあるし1ヶ月以上の公演期間なので、本当に喉はやられないようにしてね…と思った)

disc2も観に行きます!!

 

8/22 Summer Paradise Travis Japan TDCホール

Jr祭り以来のトラジャ単独!!この日は自分でもびっくりしたことに、コンサート中に号泣するという…自分でも何が何だか分からなかった…泣きながら、なんで泣いてんだろって思うんだけど涙が止まらないという…

セトリを見たときからSHOCKとプレゾン!!wktk!!と思ってたんだけど(古い)、まさかその後のFamilyで泣くと思わなくて…確かにKinKiの合作曲だけどそこまで思い入れがあるわけでもなく、セトリも見てたからその曲が来ることはわかってたし、踊りが素敵だったとかいうわけでもなく、ただイントロでグッと来て、あ〜宮近が剛の書いたあの詩をソロで歌ってる〜次は如恵留ソロだ〜とか思ってて、もうこの時点で涙が止まらなくて、どうしようと思ってたらDメロ始まった途端崩れ落ちた。さすがに次の曲では持ち直したけど、なぜあんなに泣いてしまったのかわからない…まあFamilyいい曲だよね、特にDメロ…。

他にはWESTのone chanceが見れたのが嬉しかったんだけど、あんなに腰を振ると思ってなくてびっくりした…!本家と全然違うのね…!

この日宮近が最初から少しお疲れな表情をしていて、連日大変だね…と思いつつ、脱力した感じの「こなしてる感」あるダンスが好きなのであまり気にしてなかったのですが、最後のガイズでギア入れてガシガシ思いっきり踊ってたから、あーこれJr祭り合同公演のときと同じだなーと思った。そしてたまに視界に入る元太がまあそれは元気いっぱいに楽しそうに踊ってて、若さ…と思ってしまった。これも実はデジャヴで、今年のSHOCKで光一が苦しそうにそれでも頑張って踊っているのを見ていると、たまにピチピチの元太が視界に入って若さは残酷…と思う瞬間があったのでした。宮近が100%元気な姿は初日にしか見れないものなのかな?笑

横アリの時は特にMCで七五三掛の印象が強かったんだけど、この日は少し鳴りを潜めてた…?あまり七五三掛節を聞かなかった気がする。

 

8/23 SUMMER STATION 東京B少年 EX THEATER

当日の朝まで知らなかったのですが、図らずも大昇お誕生日回でした!!会場全体でおめでとうを言えたし、みんなのアドリブ台詞パートで大昇おめでとうと言っていたり、 素敵な時間でした〜。16歳の抱負を聞かれて、「たくさんあるけど………やっぱ去年から言っているけどEndless SHOCKに出たい。あとは…グループとしても個人としても、もっともっともっともっと頑張って大きくなって、スターになりたい」というニュアンスのことを言っていて、SHOCKに出たいという発言を本人の口から直接聞けて嬉しかった〜。

好きだったところを挙げていくと、パリモンの那須の「壊してく〜」のソロがさすがで、温度のない人を殺しそうな目をしていて最高だった。こういう決め台詞で観客がキャー!ということに対して私はどうしても笑ってしまうんだけど、この時は「おぉ〜!」と思った(?)

Yes!でハイハイが気になったように藤井くんを好きになったきっかけは少クラのBYAKUYAだったので(前奏で舌出すとこ何度もリピった)、これも生で観れてよかった。それも台詞メドレーの一部とかでなく、がっつり見せ場としてやってくれてよかった!あの時は5人だったし振りは変わってしまったけど、間奏で以前の振りを彷彿とさせる動きがあって興奮してたら双眼鏡を持つ手がブレまくって何が何だかよくわからなかった、防振ほしい。前進するステージのど真ん中に腰掛けて足を組んでる藤井くんがギロッとした目をしていて最高だった。最高。目。

他にもジャニーズSP、少年忍者のパフォーマンスも楽しくて、まさかKinKiの曲を3曲も聞けるとは思わなかった!しかもMistyをフルでやるなんて!笑 そして初めて青木くんを認識した。髪型が1人だけ全然違う、いわちみたいな子がいてびっくりしたらあの子が青木くんなのね…!

 

8/29 ナイツ・テイル 帝国劇場

プレビュー初日以来、2回目の鑑賞が帝劇千秋楽でした!ナイツ・テイルの内容については独立したブログを書きたいと思っていますが叶うかどうか。オープニングが大きく変更されていて、冒頭の合唱が短くなって二人が早く出てくるので、歌詞に耳を傾けなくても大体の設定がわかるようになっていたのは良かったです。その分"Tale"性は確かに減ったかもしれないけど、そもそも2幕カテコ後にあれがあるので充分だと思った。そして2回目だと、エミーリアとフラヴィーナの結びつきの強さが分かりやすい。最初「フラヴィーナ」の名前はエミーリアの親友であるという話の中でしか出てこなくて、観客は1幕の最後でようやく牢番の娘がフラヴィーナであることを知る。牢番の娘が名前を明かす時に、エミーリアがフラヴィーナについて話していた時に流れていたのと同じ音楽が流れるのですが、初回観劇時は全くわからずなんでこの二人は仲良かったんだっけ?と思ってしまった。

ただ2回目だと1度目に感じたストーリーへの感動がだいぶ薄れてしまって、2回見るには楽しかったけどそれ以上リピりたいかというとそこまでではなくて、それがこの作品がこれまで演じられなかった理由だろうなーと思った。今回ジョンが大幅にストーリーを脚色したとはいえ。一度見てしまうとギャグとかもわかってしまうし、コメディーならではの難しさかなー。ジャニ舞台のように日替わりネタにするわけにいかないもんね。

千秋楽ならではでキャストの挨拶が聞けたり舞台上で記者会見が始まったり、そういったことも楽しかったです!本当にみんな楽しそうだった!!大阪公演までの2週間、皆さんに会えないのが寂しいですと言っていた萌音ちゃんがかわいすぎて、、

 

8/30 King&Prince First Concert 福岡マリンメッセ

初遠征!!地方ならではとしてMCでホテルの様子とか聞けたのが楽しかった!メンバー紹介曲のコールはすごく分かりやすくなってたし、全体的にすごくレベルアップしていた。個人的には特に永瀬廉が印象に残って、MC頑張って回してたり、BANGING!という曲かな?BTN後の曲は廉の独壇場という感じでした。個々人がどんどん成長してるからこそ、玄樹は早く喉治さないとね...と思った。平野がいつの間にかビブラートお化けになっていてびっくりした笑

 

8月には他にも一つ番協に当たって最前列で見てきました、楽しかったです! 
9月は芸術の秋、舞台三昧になる予定!!