Je Ne Sais Quoi

KinKiとWESTとジュニアと色々

2018年上半期に見たもの、読んだものまとめ

下半期ももう1ヶ月終わってるよ!というつっこみは華麗にスルーして、今年の1~6月に行った舞台やコンサート、見た映画、読んだ本などについてまとめます!舞台・ミュージカル13、コンサート3、番協1、映画7(飛行機で見たもの含む)、読んだ本6でした。まずは一覧でドン!

f:id:lyrina:20180728135325j:plain

 

 

○舞台・ミュージカル

Johnny's Happy New Year Island

ぼくの友達

こうもり

黒蜥蜴

GANTZ:L

有頂天一

Endless SHOCK

ジキルとハイド

JERSEY BOYS 

Dear Evan Hansen

雲の向こう、約束の場所

1984

魔女の宅急便

 

○コンサート

WESTival

Jr祭り トラジャ単独公演

Jr祭り 合同公演

 

○番協

テレ東音楽祭 King&Prince 事前収録

 

○映画

Gifted

プリンシパル〜恋する私はヒロインですか

グレイテスト・ショーマン

曇天に笑う

名探偵コナン ゼロの執行人

LA LA LAND(飛行機)

チャーチル(飛行機)

 

○本

羊と鋼の森

日の名残

紙の月

キケン

下町ロケット

しんがり

 

ここからは時系列で感想を書きながら振り返っていきます。そういえばジャニーズ以外の番協は色々行っていたけど、それは割愛。1~3月は充実してたのに4~6月のスカスカ感よ...!

 

1月

1/4 WESTival 横浜アリーナ
今年はWESTのツアーから始まりました!これだけで記事1つ書こうと思っていて中途半端な下書きがあったので、それを載せます。なのでこれだけ箇条書き笑 ちなみにアルバムの曲については下記参照。

lyrina.hatenadiary.jp

・そもそもコンサートは東京ドームしか経験がなかったので、横浜アリーナ小さい!!バクステ寄りのスタンド6列目だったのですが、全然近い!!
・神ちゃんが唯一の金髪だったのですごく見つけやすくて助かった!
・横浜で「大阪〜!」と叫ぶ不思議(笑)
・ズンドコパラダイス、お客さんがみんな振り完璧で全力でやってて感動した!
プリンシパルの君へ、当時はまだ映画のCMで流れてただけの新曲なのに曲紹介なかったからある意味みんなCMで知ってるだろうっていう自信があったってことだよね
私はなんか聞き覚えのある曲だけど題名が思い出せないしアルバムにはなかった気がするし、なんだっけ…と思ってた
・Parade!!が曲を聴いたときはコーラスラインだな〜思ってたら、いざコンサートを見たらメリー・ポピンズだった!!
・眼の前をスタトロ通る〜!と思ってたら想像以上に高いところにいたからめっちゃ見上げた、神ちゃんが手を出してくれたから頑張って背伸びしてタッチした笑
・Evokeは終始神ちゃんがドヤ顔で踊ってて、超よかったよ!!

1/11 Gifted

天才数学少女のお話。そんな特別な才能を持つ子には特別な教育を施すべきなのか、それとも普通の教育を受けさせるべきなのか。私は前者の考えだけど、後者の言わんとすることもわかる。あとこれは主題ではないけれど、アメリカの南北の差を感じたりもする映画でした。

 

1/19 Johnny's Happy New Year Island 帝国劇場

SHOCK以外のいわゆるジャニーズ舞台を初めて見ました!もう次から次へとジュニアが出てきててんやわんや、豪華すぎて誰がどこにいるのかを把握するだけでも一苦労... 1幕はこれまでレポでしか知らなかった「よーいやさー」やらタイタニックやらいろんな要素てんこ盛りで思ってた以上に確かにストーリーがなかった!一応岸くんと藤井くん贔屓で行ったけど、宮近に目を奪われて帰ってきました。去年の「太陽の代わりに音楽を」がすごく良くて、そこから少しいいなとは思ってたけど出演者の中で一番好みの踊りをしてた!

  

1/23 黒蜥蜴 日生劇場

上半期見た舞台の中では断トツで一番よかった。そもそも私は三島由紀夫が好きで、江戸川乱歩も好きで、井上芳雄が好きで、中谷美紀も美人で、この舞台を好きにならないわけがない。歌も踊りも小ネタも一切ないド直球のストレートプレイ。

黒蜥蜴と明智小五郎の掛け合い、探り合い、騙し合い、惹かれ合いに惹きつけられた。脇を固めてた役者もよかった。やっぱり脚本が好きだな~と思った。こういう高尚な世界の話。とにかく二人ともハンサムで妖艶なの...ただただ美しい。

 

1/25 ぼくの友達 青山DDDクロスシアター

ストーリーはあまり刺さらなかったというか、一度見ただけではよくわからなかったというのが正直な感想。翻訳劇特有の台詞回しとかもあって、去年ドッグファイトでも思ったけどなんだか不自然さを感じてしまう。とはいえ田中健さんの芝居、凄みはさすがだったし、タータンさんは美しかったし、辰巳の繋がれている姿は美味しかった!

 

1/28 こうもり 新国立劇場

高校の頃オーケストラでこうもり序曲を演奏したことがあったので、エモに浸ってきました~!この曲はこういう場面で流れる曲なのか、ということが知れてよかったです。あと予想以上に笑えるポイントが多かった!笑 ただこれに2万円出せるかと言われたら微妙なので、新国立のU25会員様様。仮面の持つ役割や歴史、仮面舞踏会についてなど「仮面」について考察したいなーと思った。ジャニーズにもMASKという演目があったり、マスクマジックはお家芸だったり。言うまでもなく仮面舞踏会(少年隊)・マスカレード(嵐)・Masquerade(Hey! Say! JUMP)といった曲があり、光一のソロ曲The Masqueでは完全に声を加工してあります。三島の長編にも「仮面の告白」ってありますよね。基本的には身分を隠して無礼講で楽しむためのものなんだろうけど。

 

1/31 GANTZ:L 天王洲銀河劇場

漫画も映画も見てなかったから、実はストーリーも初見。バンバン銃声が飛び交って、とても怖かった...音が大きすぎて毎度びくびくしてました。終演後にゲームコーナーがあって、そういうのは初めてだったのでそれも含めて楽しかったです!

 

2月

2/9 有頂天一座 新橋演舞場

林翔太を見に!と思ったけど純粋にストーリーも面白くて笑えるポイントがたくさんあって、最後は踊ってるところも見られたし、楽しかったです!ここ(真ん中)のお客さんも、ここ(最下手)のお客さんも、みんな同じ値段なのよ~?とえりさんが言っていてバカウケ&拍手喝采でした、それどこの堂本光一新橋演舞場は席種が細かく分かれてるだけいいと思うよ~笑 全体的にギャグのテイストが光一と似てる、あとこうもりでも思ったことだけど、おば様方結構大きな声出して笑うよね、見てるこっちも楽しくなる!

 

2/12 Endless SHOCK 帝国劇場

伝説の最前列...あまり多くを語るまい。毎回現場に行ったあとは感想を自分用に書いているのですが、それが前代未聞の16000字を超えた。震える...

正直咳が酷くて序盤からすーごく苦しそうで、それを目の前で目の当たりにしてもう頑張らなくていいのに...!舞台を降りていいよ...!っていうモンペなのかなにかわからない感情を抱いて帰ってきた。

 

2/27 Endless SHOCK 帝国劇場

多ステというものをしたことがなかったけど、前回ストーリーどころじゃなかったから増やしたよね!ただ結局光一メインで見てしまうので、ライバル役が変わったことがどう影響したかとか考える暇もなかったな…。後ろのお客さんが、「あれほんとに腕だけで持ってるの?布だけで」「そうだよ」「すごいね、それは毎年腕太くなっていくわ」と話していたのが面白かった笑

 

2/28 グレイテスト・ショーマン

すごく好きな映画だった!!確かに巷で言われてる通りストーリーに関しては、うん??と思う部分も多かったけど、日常の延長線上にミュージカル、歌と踊りがあるっていうのがとても感じられてよかった。バーナムとフィリップがバーでグラスを行ったり来たりさせながら交渉しながら歌い踊ってる場面とか最高じゃない!?

 

3月

3/3 プリンシパル〜恋する私はヒロインですか

初日に、舞台挨拶のライブビューイング付きの回を見てきました!作品自体は…うん…色々ツッコミどころが多すぎてあまり入り込めないというか、まあ少女漫画にリアリティを求めることほど野暮なことはないよね、って感じだったんですが、終始小瀧望の顔が良かった!!!あと唯一理解できたキャラクターは国重晴歌だった、一貫していてわかりやすかった。何より可愛い!!

 

3/5 ジキルとハイド 東京国際フォーラム

石丸幹二笹本玲奈、宮澤エマ、みんなルックスも演技もそしてもちろん歌唱力もすごくて、脇を固める役者も安定感がすごくて、ものすごく楽しかった!芝居から歌に切り替わるところがとても自然で、ミュージカル特有の「突然歌い出した感」が皆無、歌の必然性をとても感じられた。これも最後にトークショーがあって、面白かったです!お得感!!

 

3/6 羊と鋼の森 宮下奈都

3/6~3/23でアメリカに旅行に行ってまして、その往復の飛行機で本2冊ずつ、映画1本ずつ見たのでその感想を!全体的に今更感のあるラインナップなのはご愛嬌。

すごく読みやすかった、あっという間に読んでしまった。私も昔ピアノを習っていたし今でも好きなので、調律の世界を知れることが面白かったしなんだかほっこりした。

 

3/6 日の名残り カズオ・イシグロ

これだけ文字数費やして、主人公の愚かさを描いているのが...なんというか、切ない... フィクションとはいえ、大戦前後のイギリスの空気感を知ることができて面白い。

 

3/6 LA LA LAND

実は今まで見たことがなかったので飛行機で見てみたけど、うーん個人的にはあまりはまらなかったかも。全体を通して仄暗い感じが…趣味に合わなかったのかな

 

3/18 JERSEY BOYS

このアメリカ旅行の一つの目的としてオフ・ブロードウェイとオン・ブロードウェイ1作品ずつ見てみようというのがあったんですが、結果的にオンでもやっていたこの作品(私が行ったときはオフでやっていた)と、オフから始まったDear Evan Hansenという2つを見たのであまりその比較はできなかったです笑 Hamiltonもめちゃくちゃ気になってたけどチケットが取れなかった。残念。

FOUR SEASONSという実在のバンドを描いた舞台で、春夏秋冬4つのパートに分かれていて4人のメンバーが順番にそれぞれの視点から話す。私はベースのニックが好きでした!何が好きって、普段は静かで落ち着いてるけど何気なくぼそっと言ったことがめちゃくちゃウケる感じ。必要以上に動きすぎない踊り方。そして低いハンサムな声とベースを弾いている姿。…なんだけど!終演後に$10以上募金したら出演者と2ショットが取れるっていうのがあって、私の行った回はボブとトミーだった。2推しがボブだったのでそちらに行ったら、ロビーに普通にいて全然並んでないしめちゃくちゃフレンドリーに話してくれた、このときほど英語がうまくなりたい!と思ったことはなかった。軽率にボブもニックと同じくらい好きになったし、接触のあるところは沼だな~と思った。私がNYに住んでたら、あの俳優推しちゃうもん。

みんなが知ってる曲がたくさん出てくるのもあって客席が超ノリノリで、光一も日本の観客にこうやって観てほしいのかな〜などと思ったりした笑 Can't Take My Eyes Off Youはもちろん、タモリ倶楽部のオープニングの曲が出てきてびっくりした!ボブが作った曲なんだね。ミュージカルというよりトリビュートライブに来たような感じも。

 

3/20 Dear Evan Hansen

昨年のトニー賞作品賞受賞作で、今回のアメリカ旅行一番の目的でした!!買えたのが一番端の席でかなり見切れちゃったけど、それでも本当に観れてよかった。ストーリーもネットでバズる、特定される、炎上するとか現代的で、登場人物も実にいろんなキャラクターがいて、それぞれ身近にこういう人いるな〜って感じで、とてもリアルでした。私はコナーが好きだった!長身でイケメンでニヒルで斜に構えてる感じ。顔は大隅勇太に似てると思う(髪型か?)

 

3/23 キケン 有川浩

工業大学のサークルの電子部品ヲタクの話で、私も理系で周りほぼ男子だし実験系のサークルに入ってるからすごく共感できたし読みやすかった!あっという間に読んだ!

 

3/23 紙の月 角田光代

すごくスリリングでそら恐ろしくて面白かった。女がこのような犯罪に手を染めたきっかけとしては旦那に抑圧・軽蔑されてきたことが少しずつ蓄積していったこと、ブランド品への欲がエスカレートしていったこと、そしてなにより年下の男の子にはまったことだと思うんですけど、どれも自分も無縁とは感じられない。むしろこういう思いを抱えていない女性の方が少数派なんじゃないか?誰でもこの女になれてしまうところが本当に怖くもあり、この小説の魅力でもあり。

 

3/23 チャーチル

チャーチル首相についての、事実を元にした映画。第二次世界大戦の、ナチスがかなり力を持っていて後がなかったときに急遽首相に指名されたチャーチル。身内の中にも敵ばかりな状況で、彼がどのようにこの苦難に対峙していったかが面白い。し、単純に首相ってこういう生活してるのか~と想像するのも楽しい。先の「日の名残り」と合わせて考えると感慨深い。

 

3/26 Travis Japan 横浜アリーナ

立ち見でバクステ寄りだったのですが、慣れないヒールを履いたから足が痛い!座れないし、始まって2曲目くらいで双眼鏡壊れるし(右目のラバーが取れた)、背が低いからバクステに来たときはほぼほぼ見えないし、自分のコンディションがあまり良くなかった...のと、半分くらい初めて聴く曲だったので、知ってる曲だったらもっと楽しめただろうな!と思いました。What's your nameとか大好きな曲を見られてよかった!あとはなんといっても松松のスワンソング…最高すぎた…。見学も豪華で、思いがけず光一からビデオメッセージがあったり、私得でした。

ドラゴンボール7つ集められたら身長がほしい!あと10cmはほしい!!

 

3/27 Jr祭り合同 横浜アリーナ

前日に急遽譲っていただいたのですが、メンステ真横の制作開放席でとっっっても見やすかった!!!感謝!!!宮近はちょっとお疲れかな…っていうのが随所に見えたけど、ここぞと決めるときはものすごくキレッキレでかっこよかったです。他のグループのパフォーマンスも見れたのが贅沢だったし、誰と誰が絡んでる〜!っていう瞬間もたくさんあって面白かったです。

 

4月

4/2 曇天に笑う

一応優馬出てるしと思って見に行ったけど、訳わかんなかった…設定が…笑 

 

4/20 雲の向こう、約束の場所 東京国際フォーラム

新海誠のアニメを元にした、ふぉ~ゆ~辰巳主演の舞台。色んな「約束」が軸となって物語が進んでいく。新海誠の作風については全然知らないけど、世界観が彼っぽいなーとは思った。平行世界とか出てきて少しアングラだったり、女性の描かれ方が男勝りで強気(でも最終的には弱い部分を見せる)か、少女らしい人かの両極端だったり。

もっと三角関係なお話かと思ったら、そもそも三角関係ではないのかな...?特に3人のシーンでほとんど恋愛要素が出てこなくて驚いた。個人的には、推しのバイオリンを弾く姿を見れるまたとない機会だったのに、双眼鏡を忘れてしまう大失態!

 

4/21 1984 新国立劇場

井上芳雄ともさかりえらが出演の舞台。元々Big Brother役で大杉漣さんが出演予定でしたが急逝され、代役は神農直隆さんに。(井上芳雄は光一と同い年でともさかりえはもちろん堂本剛の同い年なので)井上芳雄ともさかりえも39歳なのですが、この神農さんがなんと37歳でお二人より年下なんですよ!!それなのにあの貫禄、凄かったです…。

この舞台はとにかく怖くて仕方なくて、最後の拷問のシーンは見てるこっちが目を背けたくなるような、もうやめてくれ...と思うものでした。あれを毎公演やっている役者さんたち、精神力が凄まじい...

原作は1948年に、1984年の未来を予想して書いたものだけど、この舞台ではそれを現代の人が読んで振り返っている、という設定でした。正直分かりにくいというか、いまいち真意は掴めなかった笑

 

5月

下町ロケット 池井戸潤

いつ読了したかは覚えてませんが、、今更ながら下町ロケット読みました!自分が今似たような技術系のプロジェクトをやっていることもあってすごく臨場感がありました。次々と起こる問題、それは外からだけでなく身内からでも出てくる、八方塞がりに感じる状況でもどうにかして突破口を見つける、過程がとてもリアルに描かれている。

 

6月

6/12 しんがり 清武英利

山一證券が倒産したときの社内調査を行った人たちのお話。バブル崩壊についてはな〜んとなく知ってたけど、こんな内幕があったのか、とびっくりしました。Aが起こった背景にはBがあって、その背景にはCがあって…とものすごく深掘りされてたし、その調査、ヒアリングや会議の様子が丹念に描かれていた。敗戦処理なのにここまで信念を持って調べ上げる手腕、情熱はすごいし、各銀行の重役が拘置所に通うって改めてすごい時代だよな…。

 

6/18 名探偵コナン ゼロの執行人

コナンは漫画もアニメも映画も見てなくて主要なキャラもわかっていない状態だったのですが、ツイッターでやたらと「安室透」が話題になっていて少し気になり、ちょうどコナン好きの友人に誘われたので行ってきました!確かに安室さん、かっこいい。全てを見通してるようなミステリアスな感じが。コナンを翻弄しつつ、実力を認めてるところもかっこいい。それに普段はJKに人気のカフェのバイト店員って、それはなんたる小野諒くん!!(まだドラマ見てないけど) ストーリーもまあ突っ込みどころはあるし「IoTテロ」の名称はほんとに笑っちゃったけど、でもそれを圧倒的に上回る面白さ!!

 

6/21 魔女の宅急便 新国立劇場中劇場

初関ジュ!りゅちぇを観てきました。りゅちぇももちろんなんですが、キキ、ジジ、リトルキキ、リトルジジ、みんな可愛すぎて...。見た目も声も仕草も、とにかく可愛かったです。ジジは鈴木梨央ちゃんに似てた。けど、なんでこれをミュージカルにしたんだろう~っていう疑問はずっと拭えなくて、ストプレでよくない...?とは思った。あと隣の隣の隣町までわざわざいって取ってこなきゃいけなかった大事な部品が普通の歯車だったことにめちゃくちゃ拍子抜けした笑 トンボ飛行機作るくらいならそんな部品ないの!?普通の自転車解体するだけでも出てくると思うんだけど!? でも一番最後のセリフのないシーンは良かったな〜、あとカテコでリトルジジの子が幕が閉まるのに合わせてかがんで手を振ってくれたんだけど、あなたそれをやらなくても一番最後まで客席から見えてるよ〜と思ってめちゃくちゃ可愛かった。

 

6/26 King & Prince テレ東音楽祭事前収録 

大体4,5列目くらいだったかな?段差ないし身長低いし厚底履けないから歌ってるときはずっとつま先立ちで見てたけど(しんどかった)、こんなに近くで初めてキンプリを見ました!すごいリアル感があって、この人達もやっぱり人間なんだ…頭1つに胴に腕2本に足2本ある…と思った。そして黄色い歓声がすごい!!!ほんとに!!!初めて聞いたと思う!!

この直後に今度はWESTのFC枠でMUSIC DAYの番協が当たって、一度当たるとしばらく当たらなくなるものかと思ってたけどFC違ったら連続して当たるのか、と驚きました。その直後にはHiBのキャン待ちも来たけど、それはさすがに当たらなかった笑

 

クリエ(ジャニーズ銀座)に行けなかったことだけが悔しいけど、これはもう自分の運を悔やむほかないのでそれ以外は充実してました!(ただ節操なく行った結果、少し消化不良な作品もあったので下半期は自分が確実に楽しめるものだけ取捨選択していきたい)

下半期もとっくに始まってENDRECHERIもナイツ・テイルも見てしまったけど、これからサマステも銀魂もサマパラもナイツテイルもう一回もキンプリもオセローもその他舞台諸々もあるのでとても楽しみ。

 

以上、過去最長8000字超えのブログでした!!!